たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  稲城市 稲城市

2018年08月14日

八幡大神社(はちまんだいじんじゃ)/東京都三鷹市

八幡大神社(はちまんだいじんじゃ)
一之鳥居

御祭神:応神天皇 (おうじんてんのう )
       第15代天皇。在位:応神天皇元年1月1日 - 同41年2月15日

社格等:旧村社
創  建:寛文4年(1664年)
例  祭:9月第2土・日曜
所在地:東京都三鷹市下連雀4-18-23
最寄駅:JR吉祥寺駅からバスで5分。

御由緒
 江戸時代の明暦の大火(振袖火事)で罹災して神田連雀町から入植した人々の鎮守として、寛文4年(1664年)に創建された。杵築大社の兼務社 。

御朱印
御朱印
手書きの御朱印を頂けるのは毎月1日と15日のみ。他の日は印刷物となる。

一之鳥居
一之鳥居

参道から二之鳥居
参道から二之鳥居

二之鳥居
二之鳥居

狛犬と楼門
狛犬と楼門

狛犬
狛 犬

楼門
楼 門

社殿
社 殿

扁額
「八幡大神社」の扁額

手水舎
手水舎

神楽殿
神楽殿

御神木
御神木のすだじい

社務所
御朱印は社務所で拝受できる。  


  • Posted by タンゴ・マイク at 15:58Comments(0)三鷹市

    2018年08月13日

    杵築大社(きづきたいしゃ)/東京都武蔵野市市

    杵築大社(きづきたいしゃ)
    一之鳥居
    一之鳥居

    御祭神:大國主大神 (おおくにぬしのおおかみ)
           古事記、日本書紀に登場する日本神話の神。国津神の代表的な神。大黒様

        事代主大神 (ことしろぬしのおおかみ)
           古事記、日本書紀に登場する日本神話の神。大國主の子。恵比寿様。

    社格等:旧村社
    創  建:慶安年間(1648年~1651年)
    例  祭:10月第1土曜日・日曜日
    所在地:東京都武蔵野市境南町2-10-11
    最寄駅:JR武蔵境駅より徒歩約5分。

    御由緒
     慶安年中に、三代将軍徳川家光の従兄弟で家康の次男・松平秀康の三男・松平出羽守直正公が、当所十二町四方を将軍家より賜り、御用屋敷を設け、その御用屋敷内に出雲の杵築大社(現在の出雲大社)と稲荷社を勧請したのが当社の始まり。昭和21年(1946年)11月、出雲の美保神社より事代主大神を勧請し、「えびす・だいこく」の二福神を祀る神社となった。

    御朱印
    御朱印

    二之鳥居と狛犬
    二之鳥居と狛犬

    狛犬
    狛 犬

    手水舎
    手水舎

    社殿
    社 殿

    稲荷神社
    稲荷神社

    八坂神社
    八坂神社  


  • Posted by タンゴ・マイク at 09:38Comments(0)武蔵野市

    2018年08月12日

    武蔵野八幡宮(むさしのはちまんぐう)/東京都武蔵野市

    武蔵野八幡宮(むさしのはちまんぐう)
    武蔵野八幡宮


    御祭神:誉田別尊 (ほむたわけのみこと )
           応神天皇(第15代天皇)の別名。

        比賣大神 (ひめおおかみ)
           神道の女神。特定の神の名前ではなく、神社の主祭神の妻や娘、あるいは関係の
           深い女神を指す 。

        大帯比賣命 (おおたらしひめのみこと )
           神功皇后(じんぐうこうごう)の別名。仲哀天皇(第14代天皇)の皇后。

    社格等:旧村社
    創  建:寛文年間
    例  祭:9月15日
    所在地:東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-23
    最寄駅:JR吉祥寺駅から徒歩約10分。

    御由緒
     桓武天皇の御代延暦八年(789年)坂上田村麿が宇左八幡大社の御分霊を祀り、江戸水道橋附近に創建したと伝えられる。明暦の大火(1657)後に水道橋附近(吉祥寺村)の住民が、現在の武蔵野市の吉祥寺周辺に移住し吉祥寺村が開村するにあたり、村の鎮守として寛文年間(1661-1672)に遷座した。

    御朱印
    御朱印

    大鳥居
    大鳥居

    手水舎

    手水舎
    手水舎。センサーがついていて手をかざすと水が出る。

    狛犬
    狛 犬

    拝殿
    拝 殿

    扁額
    「武蔵野八幡宮」の扁額

    御神木
    御神木


    三島・出雲・大鳥・厳島・稲荷・須賀・疱瘡の七社が祭られている。

    社務所
    御朱印は社殿左手の社務所で頂ける。

    道標
    井の頭辨財天の道標  


  • Posted by タンゴ・マイク at 12:07Comments(0)武蔵野市

    2018年08月11日

    小野神社(おのじんじゃ)/東京都府中市

    小野神社(おのじんじゃ)
    鳥居

    御祭神:天下春命(あめのしたばるのみこと)
           「先代旧事本紀」に登場するん日本神話の神。
           天孫降臨の際、警護のために天よりくだされた三十二神の一神。

        瀬織津比賣命(せおりつひめ )
           神道の大祓詞に登場する神 。祓戸四神の一柱で祓い浄めの女神。

         
    社格等:延喜式内小社、旧郷社、論社
    創  建:伝・安寧天皇18年 (BC531年)
    例  祭:9月中旬の日曜日
    所在地:東京都府中市住吉町3-19-3
    最寄駅:京王線 中河原駅から徒歩約10分。
         JR南武線 西府駅から徒歩約12分。

    御由緒
     『延喜式神名帳』に記載されている式内社「武蔵国多磨郡 小野神社」の論社の1つ。論社には他に多摩市の小野神社がある。多摩川の氾濫にともない遷座を繰り返した結果2社になったとも、どちらかが本社でもう一方は分祠であるともいわれる。

    御朱印
    御朱印
    御朱印は国立市の谷保天満宮で拝受できる

    狛犬と拝殿
    狛犬と拝殿

    狛犬
    狛 犬

    拝殿
    拝 殿

    扁額
    「小野神社」の扁額

    本殿
    朱色の玉垣と本殿

    稲荷神社
    稲荷神社  


  • Posted by タンゴ・マイク at 11:37Comments(0)府中市

    2018年08月11日

    小野神社(おのじんじゃ)/東京都多摩市

    小野神社(おのじんじゃ)
    小野神社
    大鳥居と隋神門

    御祭神:天下春命(あめのしたばるのみこと)
           「先代旧事本紀」に登場するん日本神話の神。
           天孫降臨の際、警護のために天よりくだされた三十二神の一神。

        瀬織津比賣命(せおりつひめ )
           神道の大祓詞に登場する神 。祓戸四神の一柱で祓い浄めの女神。

        伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
           日本神話に登場する男神。伊弉冉神(いざなみのみこと)との間に日本国土を
           形づくる多数の子を儲ける。

        素盞嗚尊(すさのおのみこと)
           日本神話に登場する神。ヤマタノオロチを退治した。

        大己貴大神(おおすなむちのおおかみ)
           古事記、日本書紀に登場する日本神話の神。
           大国主の別称。国津神の代表的な神。大黒様

        瓊々杵尊(ににぎみのみこと)
           日本神話に登場する神。天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫。

        彦火火出見尊(ひこほほでみこのみこと)
           日本神話に登場する神。瓊々杵尊(ににぎみのみこと)の子。

        倉稲魂命(うかのみたま)
           日本神話に登場する神。穀物の神。
         
    社格等:延喜式内小社、論社、旧郷社、武蔵国一之宮
    創  建:伝・安寧天皇18年 (BC531年)
    例  祭:9月中旬の日曜日
    所在地:東京都多摩市一の宮1-18-8
    最寄駅:京王線 聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩約6分。

    御由緒
     『延喜式神名帳』に記載されている式内社「武蔵国多磨郡 小野神社」の論社の1つ。論社には他に府中市の小野神社がある。多摩川の氾濫にともない遷座を繰り返した結果2社になったとも、どちらかが本社でもう一方は分祠であるともいわれる。 一之宮とは、中世に全国的に確立した国内における神格の格付けで、国内第一の鎮守という意味。
     一之宮 小野神社(東京都多摩市)
     二之宮 二宮神社(小河神社)(東京都あきる野市)
     三之宮 氷川神社(埼玉県さいたま市)
     四之宮 秩父神社(埼玉県秩父市)
     五之宮 金鑚神社(埼玉県児玉郡)
     六之宮 杉山神社(神奈川県横浜市)

    御朱印
    御朱印

    随神門
    随神門

    南側の鳥居と南門
    南側の鳥居と南門

    南門
    南 門

    狛犬
    狛 犬

    境内
    境 内

    手水舎
    手水舎

    拝殿
    拝殿
    拝 殿

    扁額
    「武蔵国一之宮 小野神社」の扁額

    稲荷大神宮
    稲荷大神宮
      


  • Posted by タンゴ・マイク at 11:01Comments(0)多摩市

    2018年08月10日

    田無神社(たなしじんじゃ)/東京都西東京市

    田無神社(たなしじんじゃ)
    田無神社


    御祭神:尉殿大権現 (じょうどのだいごんげん/
           級津彦命 しなつひこのみこと・級戸辺命 しなとべのみこと )

         大国主命 (おおくにぬしのみこと)
           古事記、日本書紀に登場する日本神話の神。国津神の代表的な神。

         須佐之男命(すさのうのみこと)
           日本神話に登場する神。ヤマタノオロチを退治した。

         猿田彦命
           日本神話に登場する神。日本神話で、天孫降臨の際、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を
           道案内した。

         八街比古命(やちまたひこのかみ)
           牛馬守護の神、豊穣の神としてはもとより、禊、魔除け、厄除け、道中安全の神とし
           て信仰されている。

         八街比売命(やちまたひめのかみ)
           牛馬守護の神、豊穣の神としてはもとより、禊、魔除け、厄除け、道中安全の神とし
           て信仰されている。

         日本武尊命(やまとたけるのみこと)
           古代史における伝承上の英雄。 熊襲征討・東国征討を行った。

         大鳥大神(おおとりのおおかみ)
           日本武尊の魂が白鳥になったとされる。

         応神天皇(おうじんてんのう)
           第15代天皇。在位:応神天皇元年1月1日 - 同41年2月15日
         
    社格等:旧村社
    創  建:正応年間(1288年~1293年)
    例  祭:10月第2土曜日・日曜日
    所在地:東京都西東京市田無町3-7-4
    最寄駅:西武新宿線田無駅より徒歩約10分。

    御由緒
     田無神社の創立は鎌倉時代後期の正応年間で、田無市北部の谷戸の宮山に鎮座し、尉殿大権現(じょうどのだいごんげん)と呼ばれ、龍神を祭神としていた。 元和8年(1622年)に尉殿大権現を上保谷に分祀し、正保3年(1646年)に宮山から田無(現在の地)に分祀し、寛文10年(1670年)には、宮山に残っていた尉殿大権現の本宮そのものを田無に遷座した。 さらに、尉殿大権現は明治5年(1872年)に熊野神社、八幡神社を合祀し、田無神社と社名を改めた。

    通常の御朱印
    通常の御朱印

    月参りの御朱印
    月参りの御朱印

    夏詣の御朱印
    夏詣の御朱印

    以前の御朱印
    以前の御朱印。現在は正月三が日だけいただけるらしい。

    御朱印帳
    田無神社の御朱印帳。このほかに赤と浅黄の袴がある。

    一之鳥居
    一之鳥居

    参道
    参 道

    狛犬
    狛 犬

    二之鳥居
    二之鳥居

    手水舎
    手水舎

    白竜の水
    白竜の水
    白竜の水

    社殿
    社 殿

    扁額
    「田無神社」の扁額

    龍の彫刻
    龍の彫刻
    社殿の龍の彫刻

    津嶋神社
    津嶋神社

    煩大人神社と鹽竈神社
    煩大人神社(わづらいうしじんじゃ)(左)と鹽竈神社(しおがまじんじゃ)(右)

    稲荷大明神
    稲荷大明神

    恵比寿様と大黒様
    恵比寿様と大黒様

    弁天様
    弁天様

    少彦名神社
    少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)

    御神木
    御神木(銀杏)

    青龍神
    東方の青龍神

    赤龍神
    南方の赤龍神

    白龍神
    西方の白龍神

    黒龍神
    北方の黒龍神。金龍神は本殿に祀られる。

    撫龍
    撫龍。龍と玉を撫でて昇運を授かる。

    楠木正成像
    楠木正成像

    土俵「大鵬」
    土俵「大鵬」  


  • Posted by タンゴ・マイク at 13:55Comments(0)西東京市

    2018年08月09日

    穴澤天神社(あなざわてんじんしゃ)/東京都稲城市

    穴澤天神社(あなざわてんじんしゃ)
    穴澤天神社

    御祭神:少彦名命(すくなひこなのみこと)
            少彦名命 は、大国主の国造りに際し、天乃羅摩船(アメノカガミノフネ)に乗って
            波の彼方より来訪した。

    相殿神:菅原道真公(すがわらみちざねこう)
            平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家。参議・菅原是善の三男。
            現在は学問の神として親しまれる。

         大己貴命(おおすなむちのみこと)
            大国主の別称。スサノオの息子。

    社格等:延喜式内小社・旧郷社
    創  建:伝・孝安天皇4年(BC423年)
    例  祭:8月25日の直前の日曜日
    所在地:東京都稲城市矢野口3292
    最寄駅:京王相模原線・京王よみうりランド駅。

    御由緒
     新編武蔵風土記稿によると、人皇第六代 孝安天皇の御代、四年に創建されたと記されている。 元禄七年(1694年)に新たな社殿のご造営が行われ、その時、菅原道真公を合祀した。大正七年(1918年)には、国安神社の大己貴命を更に合祀して、縁結、開運の神として以後崇敬されている。

    御朱印
    御朱印

    一之鳥居
    一之鳥居

    参道の急な石段
    参道の急な石段。時折この石段を駆け上がりトレーニングをする人も。

    二之鳥居
    二之鳥居

    狛犬と社殿
    狛犬と社殿

    狛犬
    狛 犬

    手水舎
    手水舎

    社殿
    社 殿

    扁額
    「穴澤天神社」の扁額

    稲荷神社
    稲荷神社

    御神老木
    御神老木。昭和58年(1983年)に神輿庫を建築する際、地中から発見された巨大な根。

    山王神社と神明神社
    山王神社(右)と神明神社(左)

    辨天坂
    辨天坂

    辨天様
    坂を下ると辨天様が

    御神水
    御神水。「東京の名湧水57選」に選定されている。  


  • Posted by タンゴ・マイク at 14:17Comments(0)稲城市

    2018年08月08日

    谷保天満宮(やほてんまんぐう)/東京都国立市

    谷保天満宮(やほてんまんぐう)
    谷保天満宮


    御祭神:菅原道真公(すがわらみちざねこう)
         日本の平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家。
         学問の神として親しまれる。
        菅原道武公 (すがわらみちたけこう)
         菅原道真公の三男とされる。
         
    社格等:延喜式内小社、旧府社
    創  建:延喜3年(903年)
    例  祭:9月25日
    所在地:東京都国立市谷保5209
    最寄駅:JR南武線 谷保駅から徒歩約3分。

    御由緒
     延喜3年(903年)菅原道真公薨去 (こうきょ)の報に、道武公は思慕の情から父君の尊容を刻み鎮座したのが起りである。東日本における天満宮としては最も古く、湯島天神、亀戸天神とならび関東三天神と称される。

    御朱印
    御朱印

    一之鳥居
    一之鳥居

    二之鳥居
    二之鳥居

    手水舎
    手水舎

    拝 殿
    拝 殿

    狛 犬
    狛 犬

    神牛像
    神牛像
    神牛像

    神楽殿
    神楽殿

    鶏
    境内ではあちらこちらで鶏が遊ぶ

    社務所
    御朱印は拝殿左手の社務所で拝受できる  


  • Posted by タンゴ・マイク at 14:00Comments(0)国立市

    2018年08月07日

    大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)/東京都府中市

    大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)
    大國魂神社


    御祭神:大國魂大神 (おおくにたまのおおかみ)
         大國魂大神は、出雲大社のご祭神でもある大国主神(おおくにぬしのかみ)と同神。
         古事記、日本書紀に登場する日本神話の神。国津神の代表的な神。

         小野大神
         小河大神
         氷川大神
         秩父大神
         金佐奈大神
         杉山大神
         御霊大神
         国内諸神
         
    社格等:武蔵国総社、旧官幣小社、別表神社
    創  建:人皇第十二代景行天皇41年(西暦111年)
    例  祭:5月5日
    所在地:東京都府中市宮町3-1
    最寄駅:京王線 府中駅から徒歩約5分。
         JR南武線・武蔵野線 府中本町駅から徒歩約5分

    御由緒
     大國魂神社の起源は、人皇第十二代景行天皇41年(西暦111年)5月5日大神の託宣に依って造られたとされる。その後、孝徳天皇(596-654年)の御代に至り、大化の改新(645年)のとき、武蔵の国府をこの処に置くようになり、大國魂神社を国衙の斎場とし、国司が奉仕して国内の祭務を総轄する所にあてられた。 また、国司が国内社の奉幣巡拝、または神事執行等の便により国内諸神を配祀した、これが即ち武蔵総社の起源である。 後に本殿の両側に国内著名の神、六所(ろくしょ)(小野大神・小河大神・氷川大神・秩父大神・金佐奈大神・杉山大神)を奉祀して六所宮とも称せられるようになった。

    御朱印
    御朱印

    大鳥居
    大鳥居

    手水舎
    手水舎

    隋神門
    隋神門

    鼓楼
    鼓 楼

    中雀門
    中雀門

    狛犬
    狛 犬

    拝殿
    拝 殿

    扁額
    「総社六社宮」の扁額

    神楽殿
    神楽殿

    宝物殿
    宝物殿

    社務所
    御朱印は拝殿左手の社務所にて拝受できる  


  • Posted by タンゴ・マイク at 16:44Comments(0)府中市